2003年3月3日、冗談のようなこの日、早期退職をした。その後タイへ「なんちゃって移住」、ホームページを作っていたが、かったるくなりブログへ移行。
2015年9月、タイ最後の地チェンマイに引っ越す、しかしチェンマイは田舎者にはあまりの都会で戸惑い中、やっぱり田舎の方がいいや。
2016年3月、12年数カ月住んだタイ国を離れ帰国、おとなしく日本に定住出来るのか(笑)

2018年4月24日火曜日

2018年4月

← 3月  5月 →

24日 朝8時にホテルのソンテオで国境に送ってもらう、一人50バーツ、国境は閑散としていて出国もスムース、橋を渡るバスが20バーツでラオス側へ、入国カードを書いて無事入国、町までのソンテオは5人以上集まらないと出発しないとの事、じゃ集まらなかったらここで寝るのか?って冗談言ったら運ちゃん連中大笑い、一人真顔でそんな事ないから心配するなだと、心配なんかしてないよ、一人60バーツで町まで。
ホテルにチェックインして、行く所もないんだけど外出、SIMを買いたいんだけど売っていそうな店屋がない、お寺を観光してぶらぶら帰りがけに両替、そこのおばちゃんに訊いてSIMゲット、2週間程の滞在予定なんだけど一か月で5GBってやつを240バーツで購入。
夕方メコンの岸に降りてみる、対岸は今朝出てきたタイのチェンコンの町だ、渡し舟なら5分とかからないだろう、橋が出来たために不便になる事だってあるのだ。
23日 朝チェンライバスターミナル10:30発のこんなバスに乗ってチェンコンに移動、約2時間65バーツ、本当ならもっと早くのバスに乗っていたはずなんだけど、タイの滞在期間が25日までなので一旦出国するんだけどどうしたものかと考えていたのだ、ラオスへ出国するんだけどここからだとチェンコンから出国するのが一番近い、橋が出来る前だったらチェンコンの町から対岸へ渡し舟があったんだけど、橋が出来たら外国人(タイ・ラオス以外の)は船が利用出来なくなってしまった、これはノンカイ・ムクダハン・ナコンパノムも同様にだ、 そしてタイ・ラオスを結ぶ国際バスが走る様になった、ここだとチェンライからの国際バスでチェンコンの町に寄らずにラオスに入国出来てしまう、そうなるとメコンを眺めながらゆっくりしたいって人以外はチェンコンの町に来たり泊まったりする事もないだろう、大して見るものもないし、国際バスを使った方が費用も安く済むし、って事でどうしたものかとチェンライのホテルで悩んでいて遅く出発って事になってしまった、ま、この程度の悩みで今まで生きてこれたんだから幸せだね(笑)
と言う訳で悩みに悩んだ末チェンコンに一泊する事にして無事ホテルにもチェックイン、町にいてもつまらないのでホテルのバイクを半日100バーツでレンタル、郊外の涅槃像等を再訪。

晩飯は久しぶりに市場(?)でガイヤン・カオニョ
19日
昨日に続き、本日もバイクを借りる、今日はチェンセンへ行ってみようと出発、チェンセンには遺跡がやたらあってそれらがメインなんだけれどお寺を一カ所予定していた、そのお寺にはドラえもんなんかがあるのは判っていたのだけれど奥に地獄があったのにはビックリ、最近出来たようで作りかけなどもあるので将来が楽しみ。
18日



昨日は朝雨が降っていたので今まで貯まっていたデータの整理やらをしていて食事以外外出もしなかった、今日は朝から晴れていたのでバイクを借りてチェンライ郊外のお寺巡り、ガネーシャがあるお寺が二カ所、地獄寺が一カ所を予定して出発、途中にあったお寺なども巡り予定は終了。
16日 昨日で水掛も収まった様だし、今日は大丈夫だろうからとタイ最北の地メーサイへ行ってみる事にした、 メーサイは相変わらずで何ら変わったようにも見えなかった、特別買い物も行く所もないので、大きなサソリの像があるお寺へ、ずっと以前に来た時より建物も増え賑やかになっていた。
久しぶりにカラバオのメーサイを思い出しましたよ、名曲じゃありません?
15日 水掛けばかりが前面に出ているようなソンクラーン(外国人のみ?)じゃと思いお寺に行ってみました。
14日 昨日ホテルの入り口で水を掛けまくっていたお姉さんやおばさんも今日はまじめに仕事をしている。

夕飯に外へ、ホテルの入り口では水掛けはやっていないんだけど向かいの家で派手にやっている、大通りに出たら何とホテルのおばちゃん達がピックアップに乗って水掛けながら通り過ぎて行く、今日は機動隊かよ、そんでホテルに人影がなかったんだな。
13日 さてタイ正月の元旦の今日 、チェンライでの水かけはいかに、まさかカオサンで繰り広げられるあんなバトルなんて事はないだろう、携帯やらは念の為防水ケースに入れて外出、そこここで子供が水鉄砲などで遊んではいるものの大した事はない、こんな状態でソンクラーンが過ぎてくれると有難いんだけど。
と、そうはいかないのがソンクラーン、外で歓声があがるので出てみると、ホテルの入り口でやってますよ、2階から写真を撮っていたら、水掛けてやるから降りてこーいだって、夕飯どうしよう。
夕方水を掛けられてもいいようにして出て行く、早速ホテルの入り口で掛けられる、氷水なんで堪らない、そこらで水を掛けられびしょ濡れで夕食、ナイトマーケット近くを周ってホテルの入り口で又氷水を掛けられて本日は終了、13日の金曜日。
12日 今年のソンクラーン(タイ正月)期間は12日~16日まで 、この間そこらで水を掛けまくるので外出時には注意が必要となる、タイに住んでいた時にはこの期間は国外に避難していた、まあこれが面白くてわざわざこの期間に来る人も多いらしい、そんな訳でこの期間は部屋に閉じ籠っているか、水を掛けられてもいいような恰好で外出する事になる。
昼飯に恐る恐る出て行ったが今日はそんな事もなく一安心、本格的には明日かららしい、市場近くで「ナムトク・ムー」を注文(写真右)、スプーンもフォークも持って来ないのがいい。
11日 早朝4時半チェンライ第二バスターミナルに到着、夜行バスがどうだったのか以前の記憶がないのでどうなる事やらと思っていたんだけど、そう大変ではなかった、インドと比べれば雲泥の差、明るくなるのを待ってソンテオで第一バスターミナルへ。
ホテルにチェックイン後朝食にお粥屋へ、豚粥25バーツ、ホテルへ帰る途中にあった路上の喫茶店(笑)でカフェ、同時に出て来るパートンコーは一個1バーツで食べただけのお会計、日本じゃ出来ない使い回し。
夕方近所のお寺巡り。

10日
さて今日は大変な日になるかも、正確に言うと今日から明日の朝にかけてなんだけど、今日の午後2時半の夜行バスでチェンライまで行く事にした、到着は明日の早朝4時との事、タイで夜行バスに乗った記憶がない、そんな事はないとは思うんだけど、念のため寒さ対策に長袖をすぐに出せるように用意する、2時にバス会社へ、程なくバスが来て乗り込むとすぐに出発、時間前だと言うのに、ここからのお客はそろったらしい、ウドンの環状線にある第二ターミナルに寄って何人か乗せると本格的に出発、写真のスナック・水・毛布などが配られる。
9日
適当な時間にバスターミナルヘ、コンケンへ行こうとバスの時間を尋ねる、一等バスは2時間後だと言う、二等バスならもうすぐ出るんだけどウドンまでだと、2時間も待つならウドンまで行って、コンケン行きに乗り換えればと二等バスで行く事に、しかしこのバスの遅い事、エアコン付きで予定もないのでいいんだけど5時間も掛かってウドンに到着、コンケンへ行く気も失せてここに泊まる事に、ホテル周りをウロウロして観光終了、夜はウドン駅周辺のナイトマーケットへ。
8日 夕べはとんでもなく寒くて、薄っぺらい掛け布団に包まって寝た、4月だと言うのに異常すぎないか?
今日は日曜日なので移動はお休み、とりたてて行く所もないのでその辺をウロウロして過ごす、時計台の通りでは今日も屋台の準備をしているので、毎週末は夜市を開催と言う事になったのかな?
7日 朝サムローでバスターミナルへ向かう、今日はナコンパノムへ行く、ナコンパノム行きのロット・トゥに乗り込むと直ぐに出発、5人程しか乗っていないのにいいのか?1時間半程で到着しホテルへ、曇り空で一寸肌寒いんだけど川岸を散歩。

ムクダハンもここもラオスへの橋が出来たためか外国人旅行者を全く見なくなった、大した見どころもないしね、雨が降りそうなのと半袖では寒いのでホテルへ帰る。
午後遅くなって青空が広がったので再び川岸へ、ご当地ポストや街灯が新たに出来ていた。


夕方から時計台付近で開かれている夜市をぶらつく、特筆すべき物は何もない。
6日 朝適当な時間にチェックアウトしてソンテオでバスターミナルへ向かう、ムクダハンへ行こうと思っているんだけど一時間程待たねばならないらしい、そんな事を話していたら横からロット・トゥ(乗り合いバン)ならもうすぐ出ると言う、ちょっと考えてそれで行く事に、料金108バーツ、昨日までとは格段の差、一桁多い、その甲斐あってエアコンありで快適、2時間程でムクダハンに到着、ホテルにチェックインして外へ昼飯に、その後川岸のマーケットをぶらぶらしているとポツリと降り出した、慌ててホテルへ戻る、暫くすると猛烈な降りになり一時間程降り続く、まだ雨季じゃないだろ。
5日 何日か続けてきた普通列車の旅、今日終点のウボンまでで終了、今日の切符代は13バーツ。
12時過ぎに到着しソンテオで市内へ、ホテルにチェックインして市場で昼飯、その後ホテルで休息、全く観光もしないってのもと思い近場をウロウロして観光終了。
4日 今日もまたローカル列車の旅、スリンからシーサケットまで、20バーツ、ナコンラチャシマからの列車なんだけど驚いた事に予定より早く入構し10分程遅れて出発、次の駅ですれ違い(単線のため)に30分程停車。
ローカル列車ローカル列車ローカル列車
毎日同じ列車に乗っているので物売りのおばちゃんに覚えられて、また乗って来たなどと言われた、昔は生活雑貨なんかも売っていたんだけど今は飲み物食べ物のみみたいだ。ナムトク・ムー 〆て80バーツ
すれ違いに30分も停車していたのでそれくらい遅れるのかと思ったら10分足らずの遅れでシーサケットに到着、ホテルにチェックインして昼飯に、イサーン料理の店に入ってナムトク・ムーだけ 、イサーン料理は人数がいないとねぇ。
3日 Wat Prom Surin午後スリンに到着、ナコンラチャシマから鉄道でブリラムへそこからまた列車でスリンへ来た、ローカル列車なので格安、ブリラムへは24バーツ、そこからスリンまで9バーツ、ウボンまでローカル列車の旅。
ホテルにチェックインして一休みって列車でブリラムからここまで来ただけなんだけど、駅からホテルまでのちょっとを歩いただけで汗だらだら、夕方になって予定のお寺へ、地獄寺と言うにはちと寂しいのだけれど地獄寺なんだな。
1日 Phra Narai Shrine Wat Bun Wat E-San
Googleが仕様を変更したのか?
このところマップ、フォト、プラスの関係がおかしい、マップのポイントに写真を投稿するとフォトにもアップされる、フォトの写真を公開するにはアルバムを作ってプラスで公開としていたんだけど、フォトからプラスで公開としても表紙の写真が出ない、アルバムへのリンクで公開は出来るんだけど、これって限定公開って事だよね?